2018年10月6日~8日 かおつくろ

2018年10月6日~8日 かおつくろのレポート

目的

今回は、秋らしいどんぐりや、松ぼっくりや、落ち葉を使って、「かおつくろ」お顔を作りました!

顔を作ろう、というと、
一般的には「ここに目が2つあって、鼻があって・・・」ということを教えがち。
でも、ピオレピカソプロジェクトでは「もっと自由にいこう!おめめが3つあったっていいんだよ!」って
お伝えしています。
だって、アートなんですから。
「たくさんのおめめをつけたいな。よし、やってみよう!」
それにチャレンジできるのが「アート」という分野なのですから。

思い思いの素材を選び、顔になるように貼り付けていきます。
かたちや大きさ、素材感、色。
こっちの方がいいかな、いや、こっちの葉っぱの方がいいかな。
素材をよくよく観察して、一番いいと思ったところに貼り付けます。

一見、なんてことはない工作に見えるかもしれませんが、
こどもたちは、このワークショップで下記のような力を使っています。
・五感を使って、見たり触ったりする
・想像力を使って、できあがりの形を思い描く
・どっちにしようかな、と試行錯誤と判断の経験をする
・完成した!という達成感を得る

でも!
このワークショップって、別にとても特別なものではなく、
こどもと一緒に公園に遊びに行った時や
幼稚園、保育園の園庭でも、簡単に取り組めるものなんです。

おかおだけじゃなくて、くるまや、どうぶつや、もっともっといろんな形がつくれるはず!

秋が深まるにつれ、もっとたくさんの落ち葉や木の実に出会うことがあると思います。
ぜひ、楽しんでみてくださいね!

行程
  1. 土台となる素材をひとつ選ぶ
  2. どんな顔にするか考えて、パーツになる素材を選ぶ
  3. 形を組み合わせたら、グルーガンでひっつける
  4. すべてくっつけたら自分だけの「かお」の完成!
作品一例

こちらにも作品がたくさんあります♪→作品集