INFORMATION

ピオレ1

くわがたの塔&絵画piole Kabuto&Shirasagi long long good luck boat

POINT
兜の角、鯱(シャチホコ)をモチーフにした「くわがたの塔」

夢とトキメキを感じる、ピオレ1のアートの数々

ピオレ1には、「あなたに会いたい。夢とトキメキが今日もある」をコンセプトに、出会い・発見・感動がある数々の芸術品を設置しています。 ボールマシン「夢の中の白鷺」(6F)、寺内孝之氏制作の絵画「Shirasagi long long good luck boat」(6F)、LED間接照明による壁面照明「ピオレ・ウォール・イルミネーション・ファンタジー」(ピオレ1外壁)、そして彫刻作品「くわがたの塔」(ピオレ1屋上広場)です。

制作は、ボールマシンと同じく、公共アートで有名なアメリカのクリエイティブ・マシンズ社が手掛けています。「くわがたの塔」のデザインコンセプトは、姫路城内に展示されている武将が使用した兜の角と、姫路城天守閣の屋根にある鯱(シャチホコ)。鯱のうろこに見立てた約1300枚の湾曲した鉄片により構成され、夜には美しくライトアップされます。
ご来館の際には、この塔をはじめとする心に残る芸術品の数々をご家族みなさんでお楽しみください。

くわがたの塔&絵画